代謝アップで太りにくい体になる

ダイエットを考えているけど、なかなか痩せない。かといって無理なダイエットはリバウンドの危険もあります。

そんな時には基礎代謝を上げるのが効果的です。これによって体内の消費エネルギーを多くして、太りにくく痩せやすい、ダイエットには最適な体になることが出来ます。

なぜ太りにくい体になるのか?

基礎代謝は人間が生活する上での生命時に必要な活動エネルギーであり、内臓を動かす、体温を一定に保つなどのことに使われるエネルギーのことを指します。

基礎代謝が高ければ高いほど体内で使用され消費されるエネルギーが多くなり、体脂肪などがエネルギーとして使われるのです。

そのために、基礎代謝が高ければ高いほど、摂取した食事もすぐにエネルギーとして使われ脂肪になりにくく、太りにくいのです。

太りにくい体になるためにはどうするべきか?

太りにくい体にするなら、基礎代謝を上げるのが良いです。

そのためには筋肉をつけるのが効果的であり、基礎代謝の大部分は筋肉によって消費され、筋肉が多ければ多いほど、基礎代謝も上がっていきます。

・運動で脂肪を燃焼し筋肉をつける
有酸素運動は酸素を多く取り込み長く動く運動です。水泳やウォーキングやサイクリングなどがそれにあたります。

有酸素運動をすることによって、体内の脂肪が燃焼されていきます。

有酸素運動と同時に筋肉を鍛える運動をして、筋肉をつけていきましょう。手軽なのはダンベル運動です。

筋肉の中でも特に手足や腹筋を鍛えるのが重要です。腹筋運動で腹筋を鍛えても良いでしょう。

・規則正しい食事
痩せようと思って食事を抜くのは逆効果になります。1食食べなければ、次の食事の時に摂取量が多くなり、血糖値が急激に上がり、糖質の量が増え、脂肪として蓄積されやすくなります。

また朝食は食べるようにしましょう。朝起きて食事をすることによって、体を目覚めさせて、体内の活動を活発にし、基礎代謝が上がります。

太りにくい体にするには、運動も食事も両方重要です。運動と食事を効率よく組み合わせて太りにくい体にしてきましょう。