血行を悪くするのは良くない

血行不良は基礎代謝を下げることになり、脂肪の燃焼を悪くして、体温も低くなるので内臓などの働きも悪くなり、体にはデメリットが多いです。

血液は酸素を全体に送るだけではなく、栄養素を体中に行き渡らせたり、体温低下を防いだりと、重要な役割があります。

冷え性で手足が冷たいなどの人は特に気をつけて体温を上げるようにした方が良いです。

血行不良と基礎代謝の関係

血行不良になれば、体内での熱を発生させる働きは弱くなるので。体が低温になり、エネルギー消費も少なくなります。

これが代謝を下げる一番の原因であり、一日のエネルギー消費量も少なくなるので、食べた物はそのまま脂肪にもなりやすく太りやすい体質にもなります。

また血行が悪いと、老廃物なども体内に溜めやすくなるので、それが原因でさらに血行不良になり、悪循環に陥ってしまいます。

このような状態では体は冷えやすいので、冷え性の症状が出て手足が冷たくなります。

また体の一部だけが異常に温かいのも、体内での熱の循環が上手くいってなく、血行不良で冷え性の特徴です。

血行不良になる原因

血行不良になる原因としてはいくつかあります。

まずは筋肉が少ない場合であり、筋肉は血液を送るポンプのような働きをしています。人は常に重力に逆らって、血液を心臓から足下へ、そしてさらに足下から心臓へと送っています。

このときに筋肉が収縮してポンプのような働きをするのです。

またストレスによっても欠陥が収縮して血流が悪くなります。

さらに生活スタイルによっても原因があり、エアコンのかけすぎ、手足を出したままの服装などは、体を冷やして血行を悪くする原因になります。

このようなことが血行不良の元となっていますが、それを改善するためには体を動かし温めるのが良く、お風呂には行って体の芯まで温める、暖かい食べ物で体の中から温める、などのことが血流改善に役立ちます。