半身浴で基礎代謝アップ

半身浴は胸よりしたの下半身だけをお湯につかる入浴方法であり、基礎代謝アップに効果的です。

ぬるめのお湯に長時間つかるので、のぼせることもなく、心臓への負担も軽いので、血圧の高い人でもおすすめです。

体の芯まで暖かくなり、冷え性改善や疲労回復にも役立ち、メリットが沢山あります。

半身浴で体を温めて汗を十分にかく

半身浴をする場合には、38度前後の少しぬるめのお湯を浴槽に半分ほど入れて、下半身だけ浸かります。

そして20分から30分ぐらいゆっくりと浸かっていましょう。

これによって体の芯まで暖かくなり、体温が上がることによって基礎代謝があがっていきます。

それと同時に汗を沢山かくことによって、体の中の老廃物も沢山出してくれます。老廃物を出すことによってリンパの流れなども良くなり、さらに代謝があがっていくのです。

家族などと一緒にお風呂を使っていて、湯船に半分だけお湯をはるのは家族が嫌がるという場合には、椅子を使ってみましょう。

湯船の中に椅子を入れて座れば、それでも半身浴が可能です。

また汗をたっぷりとかくことになりますから、お風呂から上がった後は、必ず水分補給を十分行うようにしましょう。

冷たすぎる飲み物はお腹を冷やすので、常温ぐらいの飲み物を飲むのが良いです。

マッサージを同時に行う

半身浴では20分から30分ぐらいは湯船に浸かることになります。

その間に体をマッサージすると脂肪燃焼効果があるので、体重が気になる人はマッサージするのも良いでしょう。

足の裏からふくらはぎ、太ももなど足全体をマッサージしてみましょう。また鎖骨のくぼみ部分はリンパの溜る場所なので、そこも忘れずにマッサージしましょう。

マッサージするときは指先や手の平全体を使って優しくするのがポイントです。

半身浴は代謝アップ以外にも美容効果も期待できるので一石二鳥の効果が期待できます。