ストレッチなどを日課にする

基礎代謝をあげるには運動をするのが良いですが、一時的に運動をするだけではその時だけ基礎代謝があがり、それ以降はもとに戻ってしまいます。

もちろん運動をすることは良いのですが、それを毎日の運動を続けていくのが大切です。

そのために基礎代謝をあげていくには、毎日少ない運動でも良いので、運動を続けていくと、体が活性化されて基礎代謝もあがっていきます。

軽い運動でも良いので毎日行おう

基礎代謝をあげるためには、毎日体を動かして体を活性化させる必要があります。

運動しなければ、筋肉は衰え体温も下がっていき、当然ながら運動量も少ないので代謝も下がっていきます。また筋肉の衰えは体力低下も引き起こします。

そうならないためにも、腕立て伏せや腹筋など手軽に出来る運動を、時間を見つけては行うようにしましょう。

1日1時間ジョギングをしようと思えば大変ですが、1日10分のストレッチなら寝る前などでも出来ます。

時間がなければ通勤や通学や買い物時や昼休みなど、開いている時間を使いましょう。

ストレッチの効果

筋トレでも同じですがストレッチすると筋肉がほぐされ柔らかくなります。

毎日同じ動作ばかりしていれば、使わない部分が出てきて、内臓の動きなどが悪くなります。

それをストレッチによって使っていない部分も動かして目覚めさせてあげるのです。

筋肉を動かすので、血行が良くなり筋肉が活性化されて、眠っていた筋肉が呼び起こされるのです。

体全体を伸ばすようにストレッチすると、使っていない腱などもほぐされ活性化されます。

お風呂上がりにゆっくりとストレッチして体を伸ばすのも、疲れ解消の効果も期待できます。

また座るときや立っている時などの姿勢も曲げないで背筋を伸ばすようにするだけで、筋肉の使われ方が変わり、代謝もあがります。